歯間ブラシを使い慣れていない方にとっては、「適性サイズの歯間ブラシを選ぶのが難しい」ということもあるでしょう。

今回は、適正サイズを選ぶ方法をご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。歯間ブラシは抵抗のないものが適性サイズ。マルかバツか?

歯間ブラシを使い慣れていない方にとっては、「適性サイズの歯間ブラシを選ぶのが難しい」ということもあるでしょう。そもそも「適性サイズ」とは、抵抗のあるものか、それともないものなのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

大半の方は、一番小さいサイズの歯間ブラシから使い始めていただいて問題ありません。そのサイズでは歯と歯の間を簡単に通り抜けるだけで、汚れがとれない、という場合は一段階大きいサイズを試してみてください。

歯間ブラシを歯と歯の間に差し込んだときに、抵抗なくブラッシングできるものがサイズが合っているものです。

一番小さなサイズでも抵抗を感じるときは、歯間ブラシではなくデンタルフロスを使ってくださいね。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。