口腔ケアの準備が整ったら、いよいよケアのスタートですが、いきなりご利用者さんの口に触れたりしてはいけません。

顔馴染みのご利用者さんであっても、しっかりとお名前を呼び、口腔ケアを始めることをお伝えしましょう。

なぜなら・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「できていますか?ケア前の声かけ」というテーマでお話しましょう。

口腔ケアの準備が整ったら、いよいよケアのスタートですが、いきなりご利用者さんの口に触れたりしてはいけません。

ご利用者さんとのコミュニケーションは、声かけからスタートします。

顔馴染みのご利用者さんであっても、しっかりとお名前を呼び、口腔ケアを始めることをお伝えしましょう。

いきなりケアを始めるとご利用者さんも驚きますし、なにより声かけをすることで、ご利用者さんの覚醒を促し、ケア中の誤嚥を防止することにもなるんです。

声をかけるときには、相手の視界に入ってから声をかけます。

言葉だけでなく、ジェスチャーも取り入れて伝えましょう。

もちろん、相手の返事を確認せずに、声かけと同時に動作に移ったりしてはいけませんよ。

それでは、また。