部分入れ歯が外れないように固定するための金具をクラスプと呼びます。

調整してもらっても金具が粘膜に当たってしまう・・・

金具が見えてしまうことで他人に入れ歯をしているのがわかってしまう・・・

クラスプに関してお悩みの方もいらっしゃるようです。

こうしたお悩みの解決は、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「部分入れ歯なのに金具がない?」というテーマでお話します。

部分入れ歯のこの部分、なんと呼ぶかおわかりですか?入れ歯が外れないように固定するための金具で、クラスプと呼ばれるものです。

いろいろと調整してもらっても金具が粘膜に当たってしまうとか、金具が見えてしまうことで他人に入れ歯をしているのがわかってしまうなど、
クラスプに関してお悩みの方もいらっしゃるようです。

こうしたお悩みを解決してくれるのが、クラスプのないノンクラスプデンチャーというものです。

これなら入れ歯をしているようには見えないだけでなく、金具による痛みもなくなります。柔軟性の高い素材でできているので、
落としても割れたりすることも少ないんです。

それではまた。