口の周りには摂食嚥下で活躍するさまざまな筋肉があります。

これらを総称して口腔周囲筋といいます。

今回はそのなかの1つ、ほほの筋肉のストレッチ法をご紹介します。

こちらをご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「スプーンを使って!ほほの筋肉ストレッチ」というテーマでお話します。

口の周りには摂食嚥下で活躍するさまざまな筋肉があります。これらを総称して口腔周囲筋といいます。

今回はそのなかの1つ、ほほの筋肉のストレッチ法を紹介しましょう。

まずは、ほほをすぼめたりふくらませたりします。これはほほの筋肉のトレーニングはもちろん、口唇閉鎖の訓練にもなるんです。

次に、左右のほほを舌で内側から外側に向かって押しましょう。ほほの筋肉のストレッチになるだけでなく、舌のストレッチにもなりますよ。

自分でできないケースでは、介助者がストレッチを行います。ほほの筋肉をすぼめるのは難しいので、内側から外側に向かってのストレッチを介助しましょう。

このときに少し大きめのスプーンを使うとうまくできますよ。

スプーンを口のなかに入れ、ほほの筋肉に当てて、内側から外側に向かって伸ばしてあげるのです。

試してみてください。

それでは、また。