食塊を嚥下しきれずにのどに一部残ってしまうのが、咽頭残留です。

咽頭残留のうち、のどの裏側に食塊が残留してしまうものを喉頭蓋谷(こうとうがいこく)の残留といいます。

このような方のオススメの嚥下方法は?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「のどの裏側に食べ物が残留しやすい人の嚥下法」というテーマでお話しましょう。

食塊を嚥下しきれずにのどに一部残ってしまうのが、咽頭残留です。

咽頭残留のうち、のどの裏側に食塊が残留してしまうものを喉頭蓋谷(こうとうがいこく)の残留といいます。

食塊を嚥下した際に、気道にふたをした喉頭蓋の裏側、喉頭蓋谷に食塊の一部が残ってしまい、のちに気道に落ちていくリスクがあります。

このようなタイプには、頭を後ろに倒してから嚥下をする、うなずき嚥下がオススメです。

頭を後ろに倒すことで、喉頭蓋谷にくっついていた食塊が咽頭後壁に落ちていくのです。

のどの裏側に食べ物が残留しやすい方は、一度試してみてください。

それでは、また。