国民病と言われることもある歯周病。

歯周病が進行して歯がグラグラしているのに、治療もせずに放置していると、さまざまな問題が発生します。

グラグラした歯では、食事をするにも痛みを感じるなどして、咀嚼がスムーズにできなくなります。

これではしっかりとした栄養補給ができません。

さらに、こんな問題も・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「グラグラして抜けかかっている歯を放置すると?」というテーマでお話しましょう。

国民病と言われることもある歯周病。歯周病が進行して歯がグラグラしているのに、治療もせずに放置していると、さまざまな問題が発生します。

グラグラした歯では、食事をするにも痛みを感じるなどして、咀嚼がスムーズにできなくなります。これではしっかりとした栄養補給ができません。

さらに、グラグラしている歯の歯周ポケットは深く大きくなっていて、そこに歯周病菌などの細菌が大量に増殖します。

こうした細菌が血管に流れ込み、全身に運ばれながら血管の内側の壁を刺激します。これによって動脈硬化を引き起こすと考えられているんです。

重度の歯周病では、このようなリスクを回避する意味で、抜歯が選択されるケースもあるんです。

しかし、要介護などの高齢者の場合は、全身状態を考慮すると抜歯をするのも難しい、ということもあり得ます。

こんな状態になってしまう前に、歯周病は早期に治療を行いましょう。

それでは、また。