食べ物を飲み込むときに、舌の引き込む動きが十分でないと、のどに食べ物が残ってしまい、のちの誤嚥の原因になってしまいます。

今回は、舌の引き込む力を、トレーニングする方法をご紹介します。

簡単できますよ。ぜひご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「食べ物を送り込むための舌の根元トレーニング」というテーマでお話します。

食べ物を飲み込むときに、舌の引き込む動きが十分でないと、のどに食べ物が残ってしまい、のちの誤嚥の原因になってしまいます。

舌の引き込む力を、トレーニングする方法を説明しましょう。

まずは、軽く口を開けて「キー」と発声します。

このときに、舌が奥に引っ込んだ状態になっています。その舌をより力を入れて奥に引っ込めます。

舌がしっかりと持ち上がっているかどうかを鏡で確認しながら行なってください。

それでは、また。