ご高齢者の食事でよく見られる光景が、むせと食べこぼしです。

食べこぼしの多い人は、唇やほほの動きに注目してみてください。

唇やほほの動きに問題を抱えている場合は、このような症状が見られるようになります。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。食べこぼしの多い人は、舌の動きに注目する。マルかバツか?

ご高齢者の食事でよく見られる光景が、むせと食べこぼしです。食べこぼしの多い人は、舌の動きに注目すると、その問題点が見えてくるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはバツ!です。

食べこぼしの多いことを口への取り込み障害といいます。

口のなかにスムーズに食べ物を入れられない、口に入れた食べ物がこぼれ出る、食事中によだれを垂らしてしまう、口がうまく開けられない、口がしっかりと閉まらない、こういった症状が現れます。

唇やほほの動きに問題を抱えている場合は、このような症状が見られるようになります。食べこぼしの多い人は、唇やほほの動きに注目してみてください。

みなさんは正解しましたか?

それでは、また。