ドライマウスの人の口腔ケアでは、まずは口のなかを潤すことから始めます。

このときにはジェルタイプの保湿剤が使われることが多いと思いますが、じつは、口腔ケア専用のジェルもあります。

こちらをご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「ドライマウスの人の口腔ケアに!」というテーマでお話します。

ドライマウスの人の口腔ケアでは、まずは口のなかを潤すことから始めます。

このときにはジェルタイプの保湿剤が使われることが多いと思いますが、このような口腔ケア専用のジェルもあるんです。

使い方は一般的な保湿剤と同じです。まずは乾燥したお口に塗り広げて、汚れをふやかしましょう。

よく伸びて塗りやすい一方で、垂れにくいので誤嚥の心配も少ないですよ。

口腔ケアが済んだお口はキレイな一方で、とても乾燥しています。ケアのあとにも口腔ケアジェルを使って保湿することができますよ。

お口が潤ってくると、汚れもたまりにくくなります。