舌苔などの舌の汚れを除去するときに活躍する舌クリーナー。

歯ブラシなどとは違って、濡らさずに使うものなのでしょうか?

正しい使い方は、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。舌クリーナーは水で濡らさずに使う。マルかバツか?

舌苔などの舌の汚れを除去するときに活躍する舌クリーナー。歯ブラシなどとは違って、濡らさずに使うものなのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはバツ!です。

歯ブラシよりも毛先がやわらかく、柄の部分もしなるので、力の入れ過ぎによって舌の細胞が傷ついてしまうことを防げるのが、舌クリーナーの特徴です。

しかし、舌の汚れがひどい人はドライマウスであることも多いので、舌クリーナーを濡らさずに使ってしまうと、粘膜を痛めたり、痛い思いをしてしまうことがあります。

舌クリーナーを使うときは、歯ブラシと同じように水で濡らしてから使いましょう。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。