ドライマウスや口腔機能の低下によって、粘膜に汚れがたくさんついている方がいらっしゃいます。

こうした汚れはスポンジブラシで除去しますが、軟口蓋に大きな汚れがついている場合は、除去の仕方にも注意が必要です。

なぜなら・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「軟口蓋の汚れはスポンジブラシ二刀流で!」というテーマでお話します。

ドライマウスや口腔機能の低下によって、粘膜に汚れがたくさんついている方がいらっしゃいます。

こうした汚れはスポンジブラシで除去しますが、軟口蓋に大きな汚れがついている場合は、除去の仕方にも注意が必要です。

軟口蓋についた大きな汚れは、取り除くときに間違って口腔内に落としてしまうと、そのままのどに流れ込んで、誤嚥してしまう危険があるからです。

こんなときは、スポンジブラシを2本用意してください。

2本のスポンジブラシを動かして、くるくると糸巻きのようにして絡め取るんです。こうすれば、のどに落とさずに安全に取り除けますよ。

それでは、また。