口腔機能が衰えてくると、口腔内に食べかすなどが多くみられるようになります。

食べかすが多く見られるケースで、いきなり歯みがきを始めてしまうと、ケア中に食べかすなどを誤嚥してしまう危険もあります。

食べかすを上手に取り除く方法は、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「食べかすが多い人はスポンジブラシから!」というテーマでお話します。

口腔機能が衰えてくると、口腔内に食べかすなどが多くみられるようになります。

食べかすが多く見られるケースで、いきなり歯みがきを始めてしまうと、ケア中に食べかすなどを誤嚥してしまう危険もあります。

口腔内に食べかすが多いときは、まずはスポンジブラシで食べかすを取り除いてあげましょう。

入れ歯をしている方などは、入れ歯を外して粘膜清掃からスタートしますが、入れ歯をしていない方でも、食べかすが多いときは、粘膜清掃からスタートするわけです。

スポンジブラシをクルクルと回しながら、お口のなかを掃除してあげると、食べかすがきれいに取れて、歯磨きもしやすくなりますからね。

食べかすが取れたら、歯ブラシで歯磨きをスタートしましょう。

それではまた。