加齢による唾液分泌量の低下によってドライマウスになる方は多くいらっしゃいます。

さらに、薬の副作用によってもドライマウスになることはあります。

よく知られているのが・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。薬の副作用でドライマウスになることもある。マルかバツか?

加齢による唾液分泌量の低下によってドライマウスになる方は多くいらっしゃいます。さらに、薬の副作用によってもドライマウスになることはあるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

薬の副作用によってドライマウスになることは、あるんです。

よく知られているのが、高血圧の薬や抗うつ剤などの副作用でドライマウスになるというものです。

さらに、けいれんを止める抗てんかん薬や高血圧の薬などで歯茎が腫れることがあります。

このように、薬の副作用で起こる歯茎の腫れを薬物性歯肉肥大といいます。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。