入れ歯をしている方は、していない方に比べて口内炎になりやすい傾向があります。

それは、次のような2つの要因があるからなんです。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「入れ歯で起こる口内炎?」というテーマでお話します。

入れ歯をしている方は、していない方に比べて口内炎になりやすい傾向があります。

それは、次のような2つの要因があるからなんです。

1つは合わない入れ歯が口の粘膜に当たって口内炎を引き起こすというものです。

入れ歯をしたときに痛みを感じたり、「合わないな」と思ったときは早めに歯科医師に調整してもらいましょう。

2つ目は、部分入れ歯を使っている人にありがちなんですが、しっかりと入れ歯を装着していないために、粘膜を傷つけてしまっているというものです。

部分入れ歯をつけるときは、クラスプと呼ばれる留め金が安定するまでしっかりと指で押し込んで装着してくださいね。

それではまた。