食事中や食後にタンがからんだような声になる人がいます。

タンがからんだような声のことを湿性嗄声といいます。

このような声になる原因の1つが咽頭残留物です。

これを予防するには・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「舌の根元を鍛えるマサコ・マヌーバー法」というテーマでお話しましょう。

食事中や食後にタンがからんだような声になる人がいます。

タンがからんだような声のことを湿性嗄声といいます。このような声になる原因の1つが咽頭残留物です。

のどの途中に嚥下しきれずに残留している食べ物や飲み物のことです。これを予防できれば、湿性嗄声も改善します。

舌の根元を鍛えるマサコ・マヌーバー法で咽頭残留物を予防しましょう。

やり方は簡単です。舌を前方に突き出して舌を軽く噛みます。

そのままの状態で空嚥下をします。これだけです。

舌の根元を鍛えられると、しっかりと飲み込めるようになって咽頭残留物も予防できるんです。