お口のなかの乾燥予防で活躍するのが保湿剤です。

保湿剤にはリキッドタイプとジェルタイプがありますが、それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。保湿剤、しっかり潤すならジェルタイプ。マルかバツか?

お口のなかの乾燥予防で活躍するのが保湿剤です。保湿剤にはリキッドタイプとジェルタイプがありますが、それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

リキッドタイプは手軽に使えるのが特徴ですが、しっかり潤すのならジェルタイプがオススメです。

ただし、つけ過ぎは禁物ですよ。お口のなかにまんべんなく塗り広げることは大切ですが、それが厚い膜になってしまうと逆効果です。

つけ過ぎた部分がのどに落ちたりすると誤嚥につながることがあるからです。

お口の乾燥の具合によって個人差はありますが、保湿剤の1回の量は小豆粒大くらいを目安にしてください。

皆さんは正解しましたか?