口腔ケアの際に、ご利用者さんのお口を観察したら”できもの”を発見する場合がありますよね。

ただの口内炎かな・・・と思っていると、

口内炎のように見えて口内炎ではないものがあります。

例えば???

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。口のできものは全部口内炎。マルかバツか?

口腔ケアの際にはご利用者さんのお口のなかに異常がないか、観察していただきたいものです。口のなかにできているものはすべて口内炎と考えてよいのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはバツ!です。

できもののなかには、口内炎のように見えて口内炎ではないものがあります。例えば唇にできるヘルペスです。

見分け方は簡単。水膨れがあるのがヘルペスです。水膨れにはウイルスがたまっているので、ほかの方に感染させないように気をつけてくださいね。

ヘルペスは疲れやストレスで体の免疫力が衰えているときに発症します。しっかりと休養を取ることで改善しますよ。もちろん、お口のなかを清潔にして、しっかりと潤しておくことも忘れずに!

皆さんは正解しましたか?