今回は、歯医者さんで治療に使用した器具の滅菌についてご紹介します。

クラスNやクラスSというものがありますが、特にクラスBの滅菌器が注目されています。

なぜ、注目されている理由は?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「クラスB滅菌器の特徴」というテーマでお話します。

滅菌できる製品に制限のあるクラスNやクラスSとは異なり、すべての製品が滅菌できるのがクラスBの滅菌器です。

その万能さから注目されているんですが、クラスB滅菌器の特徴を説明しましょう。

ハンドピースのような複雑な形の製品にも、滅菌のための蒸気を確実に送り込めるよう、
クラスB滅菌器は、一度、内部の空気を除去して真空状態にするんです。

こうすることで、複雑な形状のものでも確実に滅菌ができるようになっています。

さらに、通常の滅菌器では乾燥の工程を含めると大体1時間ほどかかりますが、
クラスB滅菌器には滅菌から乾燥までを15分から20分程度で行えるものもあるようです。

患者さんやご利用者さんのお口のなかに入る器具を極限まで清潔に、ということで滅菌器の開発も進んでいるんですね。

それでは、また。