摂食嚥下障害とまではいかなくても、食事のときに食べこぼしが多くなったなという方、いらっしゃると思います。

なかでも唇がしっかり閉じられずに食べこぼしてしまう人には、パタカラ体操の「パ」の発声訓練を行うのがオススメですよ。

訓練方法のポイントは、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「食べこぼしの多い人には「パ」で訓練!」というテーマでお話します。

摂食嚥下障害とまではいかなくても、食事のときに食べこぼしが多くなったなという方、いらっしゃると思います。

なかでも唇がしっかり閉じられずに食べこぼしてしまう人には、パタカラ体操の「パ」の発声訓練を行うのがオススメですよ。

「パ」は、唇に力を入れてしっかり閉じて発音します。できるだけ大きな声で10から20回程度、連続して行いましょう。

「パ」の発音がしっかりできるようになれば、唇もしっかりと閉じられるようになりますよ。

それでは、また。