のどの渇きを自覚しにくいご高齢の方などは、脱水症状予防のためにも、定期的な水分摂取が大切です。

一日に必要な水分量って、どのくらいなのでしょうか?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「必要な水分量は体重で算出する」というテーマでお話しましょう。

のどの渇きを自覚しにくいご高齢の方などは、脱水症状予防のためにも、定期的な水分摂取が大切です。

1日に必要な水分量って、どのくらいなのでしょうか?

ご利用者さんの体重に30ミリリットルをかけることで、必要な水分量の目安を知ることができます。

例えば体重が50キロの方は、50かける30ミリリットルで、1500ミリリットルです。1日に必要な水分量は1.5リットルということですね。

これだけの量を、水分補給や食事でとる必要があるわけです。

体から5%の水分量が失われただけで脱水症状になってしまいますから、口腔ケア時の口腔内の乾燥チェックなどで、気をつけてみてくださいね。

それでは、また。