口腔ケアで用いられる保湿剤は、さまざまな役割を果たしてくれます。

乾燥した口腔内を潤してくれることはもちろん、乾燥した汚れをふやかして、さらにはその汚れを回収するのにも役立ちます。

さらに上手に活用すれば・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「保湿剤の使い方・活用の仕方」というテーマでお話します。

口腔ケアで用いられる保湿剤は、さまざまな役割を果たしてくれます。

乾燥した口腔内を潤してくれることはもちろん、乾燥した汚れをふやかして、さらにはその汚れを回収するのにも役立ちます。

保湿剤の粘性によって、汚れがのどに流れていくことを防いでくれるのです。

また、保湿剤の味が味覚刺激を行うことで、唾液の分泌を促進することも期待できます。唾液分泌が活発になれば、さらに味を感じやすくなります。

ほかにも、口腔内マッサージのときの潤滑剤として、さらに入れ歯装着時の滑りをよくしたり、吸着をよくしたりすることにも活用できます。

それでは、また。