口腔ケアでよく遭遇するのが、開口困難な方です。

なかには開口自体はスムーズでも歯みがきを嫌がるという方もいらっしゃいます。

そんなケースでは・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。

今回は「ブラッシングを嫌がる人には奥歯からスタート!」というテーマでお話します。

口腔ケアでよく遭遇するのが、開口困難な方ですが、
なかには開口自体はスムーズでも歯みがきを嫌がるという方もいらっしゃいます。

そんなケースでは、歯みがきをスタートする部分を変えてみると、改善するかもしれません。

口のなかは、奥歯周辺よりも前歯の周辺の方が敏感になっています。

口腔ケアに慣れていなくて口のなかが過敏になっている人には、前歯から歯みがきを始めてしまうと、拒否反応が出やすくなってしまうかもしれません。

そんなときは、前歯ではなく、奥歯の周辺から歯みがきを始めてみてください。ただし、いきなり一番奥に歯ブラシを入れると、
嘔吐反射を引き起こすこともあるので、犬歯のとなりの前よりの奥歯がいいと思います。

それではまた。