ご利用者さんが食事をしているときに、突然大きくセキ込んだりしてビックリすることがあるかもしれません。

でも、苦しそうな感じがなく、しっかりと大きくセキ払いできているようなときは、それほど心配いりません。

しかし、小さいむせは、要注意です。

なぜなら・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「か弱いむせ、出ていませんか?」というテーマでお話しましょう。

ご利用者さんが食事をしているときに、突然大きくセキ込んだりしてビックリすることがあるかもしれません。

でも、苦しそうな感じがなく、しっかりと大きくセキ払いできているようなときは、それほど心配いりません。

気管に流れ込んでしまいそうな食べ物をセキ払いすることで気管から押し出しているわけですから、誤嚥しないようにしっかりと防御できている印です。

複数のご利用者さんが食事をしている場面などでは、大きなセキ払いとは対照的な小さなむせは、なかなか気づかないかもしれません。

でも、実はこの小さなむせは要注意なのです。

小さなむせでは、気管に入りそうになった食べ物を押し出すことができません。しっかりとむせられないと、そのまま気管に流れ込んで誤嚥してしまう可能性もあります。

ですから、食事中の小さなむせは誤嚥の注意信号として、しっかりと耳をすませておくことをオススメします。