加齢などで、お口の機能が衰えてくると、口のなかにたくさん食べカスが残る場合があります。

こんなときの口腔ケアの手順についてご紹介します。

こちらよりご覧ください。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。食べかすの多い人はスポンジブラシから口腔ケアをスタートする。マルかバツか?

加齢などで、お口の機能が衰えてくると、口のなかにたくさん食べカスが残るようになります。こんなときの口腔ケアでは、どうするのがいいでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

お口のなかに食べカスが多いときは、そのまま歯磨きを始めてしまわずに、最初にスポンジブラシで食べカスを取り除いてあげるといいですよ。

スポンジブラシをクルクルと回しながら、お口のなかを掃除してあげると、食べカスがきれいに取れて、歯磨きもしやすくなりますからね。

食べカスが取れたら、歯ブラシで歯磨きをスタートしましょう。

皆さんは正解しましたか?