嚥下のときに嚥下反射がスムーズに起こらない人は、ペットボトル・ブローイングのやり方をちょっと工夫することで、改善が期待できますよ。

ブローイング訓練を行うときに、同じ強さで吹くのではなく、強くしたり弱くしたりと強弱をつけながら吹いてみてください。

強弱のつけ方は、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「嚥下反射がスムーズに起こらない人のためのブローイング訓練」というテーマでお話します。

嚥下の動作で活躍する軟口蓋の動きや口唇閉鎖などを訓練するペットボトル・ブローイングは、
よく知られている口腔機能訓練です。

嚥下のときに嚥下反射がスムーズに起こらない人は、
このペットボトル・ブローイングのやり方をちょっと工夫することで、改善が期待できますよ。

ブローイング訓練を行うときに、同じ強さで吹くのではなく、強くしたり弱くしたりと強弱をつけながら吹いてみてください。

この訓練で軟口蓋の上がりがスピーディーになれば、嚥下反射もスムーズに起こることが期待できますよ。

それでは、また。