歯周病だけでなくドライマウスに悩んでいるという方、少なくはないと思います。

もしかしたら、ドライマウスが歯周病を引き起こしているかもしれません。

今回は、ドライマウスの方のうがい方法をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです! 問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。ドライマウス・歯周病の人にはうがい薬を使ってはいけない。マルかバツか?

歯周病だけでなくドライマウスに悩んでいるという方、少なくはないと思います。
もしかしたら、ドライマウスが歯周病を引き起こしているかもしれません。そんな方はうがい薬を使ってはいけないのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはバツ!です。

ドライマウス・歯周病の人は、うがい薬と保湿剤を活用して症状を改善しましょう。

ドライマウスの人の口は唾液による洗浄作用が働かないため、細菌が繁殖しがちです。
1日に数回、うがい薬を使ってブクブクうがいを行いましょう。

唾液に代わって、うがい薬が口のなかの細菌を除去してくれます。

でも、そのままでは口の乾燥はさらに悪化してしまいます。
うがいで口の中を清潔にしたあとには、保湿剤を塗って潤してあげましょう。

常に口のなかを潤していることで、細菌の繁殖を抑えることもできますよ。

皆さんは正解しましたか?