歯ブラシの硬さ表記は「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3つです。

「やわらかめ」は知覚過敏や歯ぐきが弱っている方に、「かため」は歯ぐきが健康で、かつブラッシング圧が弱い方に向いています。

「ふつう」は両方のバランスが取れているので、一般の方にはオススメのタイプです。

ですが・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「「ふつう」がたくさんある?歯ブラシの種類」というテーマでお話しましょう。

歯ブラシの硬さ表記は「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3つです。

やわらかめは知覚過敏や歯ぐきが弱っている方に、かためは歯ぐきが健康で、かつブラッシング圧が弱い方に向いています。

やわらかめは歯ぐきにやさしい一方で歯垢を除去する力が弱く、かためは逆に歯垢を除去できますが、注意して使わないと歯ぐきを痛めてしまいます。

「ふつう」は両方のバランスが取れているので、一般の方にはオススメのタイプです。

ただし、この硬さ表記は家庭用品品質表示法で定められているものです。

実際、同じ「ふつう」であってもメーカー毎に硬さの違いを感じることがあります。

いろいろと試してみながら、自分に合った「ふつう」を見つけてみるといいですよ。