ご利用者さんの食事については食器の選択にも配慮が必要です。

すくいやすい、食べやすい食器であることは基本ですが、白内障のご利用者さんに対しては食器の色にも気を配りましょう。

では、どんな色がいいのでしょうか?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「白内障の人の食器の工夫」というテーマでお話しましょう。

ご利用者さんの食事については食器の選択にも配慮が必要です。

すくいやすい、食べやすい食器であることは基本ですが、白内障のご利用者さんに対しては食器の色にも気を配りましょう。

白内障とは目の水晶体という部分が濁ることで、物が霞んで見えたり、二重に見えたり、光が眩しく感じたりする病気です。

白内障の人は、白っぽいものが判別しにくくなります。だから、白い食器に白いご飯という組み合わせは避けましょう。

白内障の人の場合は、白いご飯が判別しやすいように、色のついた食器を選ぶといいですよ。