歯みがきに加えて、歯と歯の間の汚れをしっかり除去してくれるデンタルフロスと歯間ブラシ。

どちらも同じ役割を果たすものと思われがちですが、結構な違いがあるんです。

例えば・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「歯周病が心配なら歯間ブラシで!」というテーマでお話します。

歯みがきに加えて、歯と歯の間の汚れをしっかり除去してくれるデンタルフロスと歯間ブラシ。

どちらも同じ役割を果たすものと思われがちですが、結構な違いがあるんです。

歯と歯のすき間がほとんどない若い人には、歯間ブラシはなかなか入らないと思います。
そんな人にはデンタルフロスがオススメです。

逆に歯と歯の間が広くあいている年配の方には歯間ブラシがオススメです。
そして、歯周病がとにかく心配!という方にも歯間ブラシがオススメなんです。

歯間ブラシは歯と歯の間の汚れはもちろん、歯と歯肉の間の汚れをとることも得意なんです。

歯と歯肉でつくる、この三角の部分に歯間ブラシを差し込んで、ブラッシングしてくださいね。

それでは、また。