入れ歯洗浄剤にはさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからない、という人もいらっしゃるでしょう。

入れ歯洗浄剤は目的別に使い分けるといいですよ。

例えば、歯垢や着色汚れを落としたい方は・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「入れ歯洗浄剤を上手に使い分ける」というテーマでお話します。

入れ歯洗浄剤にはさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからない、という人もいらっしゃるでしょう。

入れ歯洗浄剤は目的別に使い分けるといいですよ。

歯垢などの汚れに加えて着色汚れを落としたいというときは、発泡タイプがオススメです。ただし、このタイプは微生物を取り除くのがちょっと苦手です。

逆に微生物や臭いに強いのが酵素系です。酵素の力でタンパク質を分解してくれるのですが、着色汚れには効果がありません。

そして、殺菌したいという場合は次亜塩素酸系がオススメです。漂白効果も優れていますが、長時間つけておくと入れ歯が変色することがあるので、注意しましょう。

入れ歯洗浄剤を上手に使い分けて、快適に入れ歯を使用しましょう。