使用する材料は介護食品・栄養調整食品の通販サイト「ヘルシーネットワーク」でお求めいただけます。(ソフティアシリーズはこちら

米永 一理

監修:米永よねなが一理かずみち

医師、歯科医師

レトルトの牛丼を使った簡単嚥下食をご紹介。「嚥下調整食学会分類2013」に基づいたコード2、コード3・4の牛丼の作り方を動画でご紹介します。

共通の材料

  • 牛丼 180g(1袋)
  • だし汁 90g(牛丼の50%)
  • コードを合わせたごはん 180g
コード2
  • エネルギー:320Kcal
  • 塩分:3.9g

材料

  • ソフティアS 3g(牛丼の1.5%)

作り方

  1. レトルト牛丼を袋のままお湯で温める。
  2. ミキサーに牛丼とだし汁、ソフティアSを入れ、30秒ほどかき混ぜる。
  3. コードを合わせたごはんの上にかけてできあがり。
コード3 コード4
  • エネルギー:297Kcal
  • 塩分:1.1g

材料

  • ソフティアU 1.4g(牛丼の0.8%)

作り方

  1. レトルト牛丼を袋のままお湯で温める。
  2. ミキサーに牛丼とだし汁、ソフティアUを入れ、30秒ほどかき混ぜる。
  3. 鍋に移し、煮立ったら完成。コードを合わせたごはんの上にかけてできあがり。