歯の痛みといえばむし歯を連想される方が多いと思いますが、実は知覚過敏に悩まされているという方も少なくないんです。

なぜ、知覚過敏になってしまうのでしょうか?

3つ原因をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「知覚過敏になる3つの原因」というテーマでお話しましょう。

歯の痛みといえばむし歯を連想される方が多いと思いますが、実は知覚過敏に悩まされているという方も少なくないんです。

なぜ、知覚過敏になってしまうのでしょうか?予防のためにもその主な原因を知っておきましょう。

原因その1は、歯周病によって歯ぐきが下がってしまうことです。歯ぐきが下がることで歯の象牙質が現れて知覚過敏になってしまうのです。

原因その2は、歯ぎしりによって歯の根元が削れてしまうことです。

そして原因その3が、歯の治療によって神経が刺激を受けてしまうことです。

むし歯治療などでは麻酔を用いて治療を行いますが、神経が過敏に反応する方などは、治療後に知覚過敏になるケースもあるのです。

でも、この場合は数日で症状は治まりますよ。