【手軽に家庭で作れる介護食】レバニラ炒め|訪問歯科ネット

使用する材料は介護食品・栄養調整食品の通販サイト「ヘルシーネットワーク」でお求めいただけます。(ソフティアシリーズはこちら

栢下淳

監修:栢下かやしたじゅん

県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 教授

鶏・豚・牛で違う特徴がある、疲労回復には、レバニラ(豚)がおススメです。

粗ペースト
  • エネルギー:127Kcal

材料

  • レバニラ炒め(豚・惣菜) 80g
  • 50cc

作り方

  1. レバニラ炒めと水を容器に移します。
  2. ミキシングします。※目安として5回~10回様子を見ながらミキシング。
  3. 粗ペーストのレバニラ炒めの完成です。
ペースト
  • エネルギー:79Kcal

材料

  • レバニラ炒め(豚・惣菜、※ニラを抜いたもの) 80g
  • 30cc

作り方

  1. レバニラ炒めと(ニラを抜いたもの)水を容器に移します。
  2. ミキシングします。※目安として最低45秒はミキシングしてください。
  3. ペーストのレバニラ炒めの完成です。
ムース
  • エネルギー:103Kcal

材料

  • レバニラ炒め(豚・惣菜、※ニラを抜いたもの) 50g
  • ウスターソース 20g
  • 30cc
  • ゲル化剤(ソフティア2) 1g

作り方

  1. レバニラ炒めと(ニラを抜いたもの)水を容器に移します。
  2. ミキシングします。※目安として最低45秒はミキシングしてください。
  3. ウスターソースを加えペースト状にしたレバニラ炒めを鍋に移しゲル化剤(ソフティア2)を1g入れます。
  4. 加熱しながら沸騰するまでかき混ぜます。
  5. 型に移し冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。
  6. ムースのレバニラ炒めの完成です。