こんなにある自費の入れ歯!そのメリット、デメリットは?

入れ歯は保険適用のものと、自費のもの、大きく2つにわけられます。

今回は、保険適用と自費とではどこが違うのかご紹介します。

保険適用の場合は、安価で作れる一方で入れ歯の素材などが制限されます。

自費の入れ歯は高価になることもありますが、その分さまざまな素材を使用できるのです。